桃菜あこ 指先が触れただけで「触らないで!」と言っていたデカ尻娘がまさかのツンデレで自らオヤジの生チンポに跨る

ブルマを穿くために生まれてきたかのような『尻』をもつ女の子。初めはオヤジが嫌いで近づくのも困難だったが、フィット感抜群のブルマを穿かせ、パンツがはみ出たり、股間の食い込みが羞恥心を煽り、興奮してきて最後は自らマンコを見せつけ、チンポを欲しがってきた。ツンデレのギャップがたまらなくいい!