杏子ゆう 妻の契約調教

ゆうは、主婦業と平行しつつ保険外交員を続けていた。ある日、洗い物をしているとピンポーンとチャイムが鳴った。玄関まで行って出てみると、飛び込み営業の男・四条だった。丁寧にお断りしたものの、ゆう自身も営業職をやっている手前、追いつめられた感じの必死な営業スタイルは印象に残っていた。そして後日、自分も売り上げが落ち始めたと感じ、顧客の新規開拓の為、飛び込み営業をしてみた。すると、偶然にも四条の家に来てしまって…。